ブログ

DIY!

KIMG1049
はい、河合です✋(◉ ω ◉`)

今回は、自宅のポスト制作です´ω`)ノ

今まではお庭の柵を作った時の廃材で簡単に作ってたのですが、今回はポストの為に材料を用意しました( ̄+ー ̄)

2400と1800のワンバイの木を用意します(*´∀`)
KIMG1050
ブロックで押さえる形にしますので、ブロックの幅で柱を造ります(^-^)

高さは1200サイズにしました(*´∀`)
KIMG1051
棚、表札着く所、ポストになる所にそれぞれ横に木を渡します(^-^)
KIMG1052
背板をつけます٩(°̀ᗝ°́)و!
これは薄いので適当に着けてからカッターで切った方がキレイに楽にできますヽ(*´∀`)ノ
KIMG1053
でポストになる所を少しオシャレにします(´ー`*)

製作途中ではしっかりと平衡器を使ってそれなりにちゃんと造ります(笑)
KIMG1054
で、仕上げに子供達に好きな色を好きなように塗ってもらって出来上がりですヽ(*´∀`)ノ
KIMG1056
なかなか味のある仕上がりに満足です(´ー`*)

しかし!子供達、塗装屋さんには向いてないなぁーwww
KIMG1025
はい、河合です✋(◉ ω ◉`)

今年の目標の1つの「エアコン取付」ついに始動です٩(°̀ᗝ°́)و!

まずは既存のエアコンを外し、新しいエアコンの「背板」と言われるものを壁につけます(^-^)

その際にドレンホースの勾配を付けるために多少傾けて付けるのかコツです(o^-^)φ_
KIMG1024
背板を付けたら次は本体のを裏返して「電源線」「ドレンホース」「被覆銅管」を延長します´ω`)ノ
KIMG1026
エアコン取り付けで最も重要とされる部分がこの「被覆銅管」の接続です(`・ω・´)

「フレアツール」と言われる工具でしっかりとフレアを作り、ガス漏れ帽子のジェルを塗って銅管を接続します( ̄+ー ̄)

ちなみに「フレア」とはラッパズボンでお馴染みのように先を広げてナットが外れないようにすることです´ω`)ノ

で「トルクレンチ」でしっかりと締め付けます(*´∀`)

「トルクレンチ」とはある一定量ナットが締まると「カチカチっ」と音がするレンチです´ω`)ノ

では何故これじゃなければならないかと言いますと、被覆銅管は細い管(2分)と太い管(3分)があり、特に2分管は柔らかく、スパナなどで閉めていくもどんどん締まり、せっかく作ったフレアが壊れてしまい、それがガス漏れの原因となる為、必ずトルクレンチを使用しますヽ(*´∀`)ノ
KIMG1027
ここまで出来たら銅管、ドレンホース、電源線をテープでしっかりまとめて、穴から外に出します´ω`)ノ
KIMG1029
あとは先程同様、フレアを作り銅管接続、電源線接続して、「真空引き」をします(^-^)

「マニホールド」という計りで、圧力や気化チェックをしながら真空ポンプで接続した管の中を真空にして行きます(^-^)
KIMG1028
で、最後に室外機からガスを出して、試運転。
この時ドレンホースから水が出てくるまで動かします!
で、無事に水が出てきたら完了となります(*´∀`)

エアコンの取り付けはシーズンになると1ヶ月待ちは普通にありますが、河合のところはありません(笑)

取り付けの隠れた穴場としてぜひご連絡下さいヽ(*´∀`)ノ
KIMG10331
はい、河合です✋(◉ ω ◉`)

東北大会in松島!
6年かけて東北を一回りして、また宮城県での開催です(´ー`*)

宮城と言えば谷井さん!
KIMG1035
そして、社長見澤さん(*´∀`)

来年はねぶた祭りに参加してくれるそうです(´ー`*)
KIMG1042
取締役宮崎さん!

クールな表情だけど実は人なっこい笑い方をするツンデレさんです(笑)
KIMG1036
そして、忘れちゃいけない樫村さん!

カメラマンの為、イベントがなければ会うことの無い人です(°口°๑)
KIMG1043
松島や、あぁ松島や、松島や。

来年は岩手県での開催です´ω`)ノ
お見積り・お問い合わせはこちら
pagetop